イベント 新潟市 祭り

萬代橋チューリップフェスティバル2018の日程・駐車場・アクセス情報まとめ

投稿日:

全国有数のチューリップ生産地である新潟市では、例年4月から5月にかけて「萬代橋チューリップフェスティバル」が開催されます。

色とりどり見事な花を咲かせたチューリップが今年もまた春の到来を告げます。

そんな2018年萬代橋チューリップフェスティバルの特徴やお得情報、開催地等の詳細をご紹介していきます。

2018年萬代橋チューリップフェスティバルとは?

国の重要文化財に指定されていて、新潟市のシンボルでもある「萬代橋」を、市民が愛情込めて育てたチューリップのプランターで飾ります。

プランターの数は、約3,200個!!

萬代橋とその周辺が、3万2,000本~3万3,000本ものたくさんのチューリップで彩られます。

2018年萬代橋チューリップフェスティバルのおすすめポイント

萬代橋チューリップフェスティバルのおすすめとしては、ずらっと並ぶ色とりどりのチューリップを心行くまで鑑賞出来ることです。

鮮やかに愛らしく咲くチューリップを愛でて、春の訪れを実感しましょう。

2018年萬代橋チューリップフェスティバルの詳細

萬代橋チューリップフェスティバルは、昭和61年に初代萬代橋架橋100周年を記念して始められました。

以降、毎年この時期になると開催されています。開催期間の初日にはオープニングセレモニーが行われます。

オープニングセレモニーの内容については事前に明らかにはされていませんが、これまで、“にいがた観光親善大使”が参加したり、新潟市のゆるキャラ「まいかちゃん」が登場したりしてフェスティバルを盛り上げています。

約1ヶ月間、JR新潟駅万代口から萬代橋西詰めまでの両側側道に、市民が心を込めて育てたチューリップのプランターが展示されます。

色とりどりのチューリップは3万本以上、約3,200個ものプランターが並びます。

料金

無料

開催期間と日時

2018年4月18日(水曜日)~5月1日(火曜日)の終日

オープニングセレモニー:4月18日予定

*開催時期は開花状況により延長となる場合があります。

開催場所

  • 新潟市中央区花園1丁目~下大川前通・川端町間
  • JR新潟駅万代口から萬代橋西詰めまでの両側歩道

交通アクセス

<徒歩> JR新潟駅万代口より徒歩で10分~15分
<バス> JR新潟駅よりバス乗車、「万代シティーバスセンター前」下車
<車> 北陸自動車道「新潟西IC」、または磐越自動車道「新潟中央IC」より車で約20分

駐車場

万代シティ第一駐車場
営業時間:24時間
収容台数:511台
料金:30分 220円

万代シティ第二駐車場
営業時間:24時間
収容台数:1500台
料金:30分 220円

ラブラ2駐車場
営業時間:24時間
収容台数:205台
料金:30分 220円

お問い合わせ先

新潟市公園水辺課
TEL:025-226-3065 FAX:025-222-7024
HP:http://www.city.niigata.lg.jp/kurashi/park/event/evtulipfes.html

まとめ

チューリップは、子供の頃から馴染みがあって、とっても好きなお花です。

コロンとしたフォルムが可愛らしくて、愛嬌ありますよね。

見ていると、知らず知らずのうちに笑顔になっています。

昭和61年に始まった萬代橋チューリップフェスティバルが30年以上も続いているのは、市民の方々の協力があってこそ!

新潟市の皆さんがチューリップを大事にしているのが伝わってきます。

愛情いっぱいに作られた美しいチューリップを愛でられる「萬代橋チューリップフェスティバル」素敵ですね。

-イベント, 新潟市, 祭り

Copyright© まるトク!にいがた!|新潟県のお得で役に立つ総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.