イベント 五泉市 祭り

【2018年版】別所虚空蔵尊例祭と雪灯篭の見どころ・開催日程などの詳細

投稿日:

新潟県五泉市の歴史ある「別所虚空蔵尊堂」は古くから商売の神様として大変親しまれ商人達や地元の人々から信仰されています。

地元の人々から「虚空蔵様」と呼ばれる菩薩様を祀る「別所虚空蔵尊例祭」は毎年、2月12日・13日に行われ多くの参拝客 が訪れます。

そんな別所虚空蔵尊例祭の特徴やお得情報、開催地等の詳細をご紹介していきます。

別所虚空蔵尊例祭とは?

国の有形文化財としても登録されている「別所虚空蔵尊堂」本尊の虚空蔵菩薩は、奈良時代、この地を訪れた僧侶「行基」が大飢饉に苦しんでいた住民の困難を知り作ったと言われています。

行基は1本の霊木から虚空蔵尊を2体刻み、1体はこの地に、もう一体は会津の柳津へ。

2体の虚空蔵尊が別れたことからこの地を「別所」 と呼ぶようになったと言われています。

地元の人からは「虚空蔵様」「福神仏」「富神様」と呼ばれ、商売の神様として信仰されています。

例祭12日の夜には村松地区の商店街から虚空蔵尊までの道のり約4kmを地元別所の商店街の人たちや地元有志の方々の協力による約2000個の雪灯篭や地元の小学生たちが制作したオリジナルペットボトルを利用した手作り灯篭が道沿いに並べられ、参道まで足元が照らされ幻想的な雰囲気を醸し出します。

ご利益

「虚空蔵様」はすべてのものを包み込み無限の福徳・知恵を備え人々の願いをきいてくださると言われています。

限りない福徳・知恵を授かる、特に記憶力が得られると言われています。

商売の神様として知られている「虚空蔵様」ですが、良縁成就・ 安産祈願・合格祈願などのご利益もあり地元の人たちだけでなく多くの人が参拝に訪れます。

祈祷札を希望する場合は事前に申し込みもできます。また、奥にはおみくじや祈願ろうそくも販売されています。

別所虚空蔵尊例祭のおすすめポイント

なんと言っても約2000個の雪で作られた灯篭の中にろうそくの灯りがともされる光景は幻想的で情緒あふれとても美しいです。

この幻想的な風景を写真におさめようと例祭期間中は多くのカメラマンも集まります。

また地元の子供たちや商店街の人たちが作るオリジナルのステンドガラス風のペットボトル灯篭なども力作で冬の夜を鮮やかに彩りますので是非、見ていただきたい光景です。

例祭にあわせて参道や商店街では五泉市の特産品の販売や地元観光農園の温かい栗おこわや甘酒なども提供され楽しむことができます。

別所虚空蔵尊例祭の詳細

料金

無料

開催期間と日時

  • 2018年2月12日(月)~2018年2月13日(火)
    12日:17時~21時頃(雪灯篭点灯予定)
  • 13日:~12時頃まで

開催場所

新潟県五泉市別所地内/別所虚空蔵尊・別所集落~村松商店街

Googlemaps:こちら

交通アクセス

公共交通機関:JR磐越西線「五泉駅」より車で25分
車:磐越自動車道「安田IC」より車で約30分

駐車場

あり(片側路上駐車)

まとめ

「別所虚空蔵尊例祭」は冬の厳しさの中、古くから大切に信仰されている歴史あるお祭りです。

雪がふり積もっている参道を雪灯篭のやわらかい灯りに包まれながら歩くのも風情があって何とも素敵な光景です。そんな五泉市の冬の風物詩「別所虚空蔵尊例祭」ぜひ、 訪れてみませんか。

-イベント, 五泉市, 祭り

Copyright© まるトク!にいがた!|新潟県のお得で役に立つ総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.