イベント 祭り 糸魚川市 花火

能生ふるさと海上花火2018の日程・有料席・駐車場・アクセスなどの詳細まとめ

投稿日:

家族で行こう能生ふるさと海上花火大会!

能生ふるさと海上花火とは?

新潟県糸魚川市の能生海岸で開かれる花火大会です。 能生海岸には、海からゴロッと存在感のある「弁天岩」。その弁天岩と陸地をつなぐ赤い橋「曙橋」があります。

その二つをバックにして日本海に打ち上がる花火大会が、《能生ふるさと海上花火》なのです。

夜空を上がる花火は約2000発! スターマインや尺玉、仕掛け花火などが夜空に打ち上がります。

そのなかでも能生ふるさと海上花火大会に来る人を魅了している『爆雷』・『水中爆雷』です。

他の花火大会ではなかなか見られないのは、弁天岩から花火を海に投げ入れ扇子の形のように開き咲く水中爆雷! 花のように上がる花火とはまた違う形なので、観る価値ありですよ。

花火と弁天岩と曙橋のシルエットが印象的で写真を撮る時に能生ふるさと海上花火大会ならではの写真が撮れるはずです。

海岸で開催される花火大会ならではの、海と花火を楽しむにはもってこいの花火大会です。

能生ふるさと海上花火は1日楽しめる

能生は新潟市や長岡市のように街中ではなく、どちらかといえば自然豊かな場所です。

なので、買い物して夜に花火大会を楽しむというよりは1日自然を満喫するほうが子供達は喜びます!

能生海水浴場は家族連れでも楽しめる浅瀬で、テトラポットにも囲まれているので波も穏やかです。

海開き時期は浜茶屋はもちろん、脱衣場やシャワーもあり子供も大人も楽しめます。 曙橋を渡って弁天岩てっぺんの灯台まで行け、石の階段を登るのは少し大変ですが、プチ冒険みたいでワクワクしますよ。

能生海岸を少し離れると「道の駅マリンドリーム能生」で、かにや横丁で買ったカニをその場で食べたり、後ろにある広場で海を見ながら食べたりも出来ます。

鮮魚センターやお土産もあるので、ついつい長居してしまいます。

そのマリンドリーム能生から8号線陸橋を登ったところに、日本海を見渡せる「荒崎キャンプ場」があります。

こちらはテントや寝袋といったレンタル用品はなく、薪なども各自用意が必要です。

バンガローもありませんので、テントから薪・寝袋といった用意が出来る本気キャンプがしたい方はぜひ。

日帰りキャンプは可能なので、友達家族と一緒にマリンドリーム能生で買った海鮮などでバーベキユーでもいつもと違うお外でご飯が楽しめます。

能生ふるさと海上花火の詳細

開催日時

2018年8月11日(土)

19:45~21:00

荒天時 小雨決行

※荒天時は2018年8月12日(日)に延期

会場

新潟県糸魚川市 (能生海岸、弁天岩付近)

アクセス

トキ鉄:日本海ひすいライン「能生駅」より徒歩20分

北陸自動車道:「能生IC」より車で5分

駐車場

約300台(能生漁港)が無料

有料席

桟敷席:5~6名席 4000円

※売り切れ次第 終了

お問い合わせ先

能生商工会

TEL:025-566-2244

FAX:025-566-4374

まとめ

第67回目となる、能生ふるさと海上花火大会は子供から大人まで楽しめる花火大会です。

開催日当日は昼から家族で能生海水浴で遊んだり、マリンドリーム能生で食べたり、キャンプ道具も持っている方は花火大会までキャンプ場でバーベキユーなどして過ごすのも楽しみの一つだと思います。

能生ふるさと海上花火大会の名物『爆雷』や『水中爆雷』は圧巻でしょう。 まるっと1日、能生で遊んで食べて見て感じれる《能生ふるさと海上花火》にぜひ!

-イベント, 祭り, 糸魚川市, 花火

Copyright© まるトク!にいがた!|新潟県のお得で役に立つ総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.