イベント 加茂市

加茂川を泳ぐ550匹の鯉のぼり2018!特徴・日程・駐車場・アクセス方法まとめ

投稿日:

加茂川春の風物詩「加茂川を泳ぐ鯉のぼり」は市街地を流れる加茂川で、約550匹の鯉のぼりが川の上を泳ぐ勇壮な姿を楽しめるイベントです。

この街のゴールデンウィークの風物詩であるこのイベントは開催期間中、加茂川の葵橋から西宮橋までの間に鯉のぼりが泳ぎます。

これだけの鯉のぼりが泳いでいる様は壮観です。

休日には河川敷でお弁当を持参しレジャーシートを広げた家族連れで賑わい、子供たちのはしゃぐ、可愛い声があちらこちらで聞こえてきます。

そんな加茂川を泳ぐ鯉のぼりの特徴やお得情報、開催地等の詳細をご紹介していきます。

加茂川を泳ぐ鯉のぼりとは?

「加茂川に鯉のぼりを泳がす会」主催のこのイベントは1990年に始まり今年で29回目を迎えます。

加茂市の中心部を流れる加茂川の上を、鯉のぼりの群れが泳いでいる姿は圧巻の景色です。

加茂川に泳ぐ色鮮やかな鯉のぼり達はすべて寄付によるもので、家庭で使わなくなった個人所有の鯉のぼりの他、加茂市内の企業様から寄付していただいています。

地元加茂市内外はもちろん、県外からの寄付もあり年々、鯉のぼりの数は増えています。

加茂川河川敷の鯉のぼりたちは活き活きと泳いでいます。

大きいまごい、小さいひごい、など色とりどりの鯉のぼりの姿は大変美しいです。

加茂川を泳ぐ鯉のぼりのおすすめポイント

ゴールデンウィークと言えば子どもの日、子どもの日と言えば鯉のぼりです。

「加茂川を泳ぐ鯉のぼり」はこの季節のお出かけにぴったりのイベントです。

川を挟んでの鯉のぼりが悠々と泳ぐ姿は大変見応えがあります。

川の向こう岸までずらりと並んで泳ぐ姿は子供だけでなく大人が見ても心奪われる景色です。

天気に恵まれた日には川で水浴び遊びもでき、川に足を入れて楽しむ姿でいっぱいになります。

河川敷には春らしく鮮やかな色とりどりのチューリップも見頃を迎えます。

またお団子、おこわ、玉こんにゃく、ラムネ、大福などたくさんの露店も出店し河川敷は賑わいます。

5月5日の子どもの日には、餅付きもあり付きたてのお餅が無料で振舞われます。

子供たちに楽しんでもらえるようにと、鯉のぼりのミニお菓子のつかみ取りやヨーヨー釣りもなどもあります。

日中だけでなく夕陽が眩しい時間帯も大変美しいためオススメです。

加茂川を泳ぐ鯉のぼりの詳細

料金

無料

開催期間と日時

2018年4月上旬~2018年5月13日(日)

開催場所

加茂川市加茂川河川敷

交通アクセス

公共交通機関:JR信越本線「加茂駅」より徒歩8分
車:北陸自動車道「三条燕IC」より車で25分

駐車場

普通車:50台(加茂山公園)他、河川敷にも駐車スペースあり。

まとめ

それぞれの思いをはせた鯉のぼりたちが、今年も加茂川で悠々と泳ぎます。

小さなお子さんから大人まで楽しめるイベントです。

自宅で眠っている鯉のぼりがもしあれば、加茂川市に是非、寄付ください。鯉のぼりの季節を感じながら、加茂川の穏やかな陽気の中、心地よい時間を過ごしてみませんか。

加茂川で色とりどりのたくさんの鯉のぼりたちがお待ちしています。

-イベント, 加茂市

Copyright© まるトク!にいがた!|新潟県のお得で役に立つ総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.