イベント 祭り 糸魚川市

糸魚川けんか祭り2018の日程・見どころ・駐車場などの詳細まとめ

投稿日:

「糸魚川けんか祭り」は五穀豊穣を祈って神輿をぶつけ合う「けんか祭り」です。

大勢の人が訪れる大変、賑やかなお祭りです。

そんな糸魚川けんか祭りの特徴やお得情報、開催地等の詳細をご紹介していきます。

糸魚川けんか祭りとは?

「糸魚川けんか祭り」は二つの神輿がぶつかり合う大変迫力のあるお祭りです。

毎年4月10日に新潟県糸魚川の天津神社で開催されます。

2つの神輿は漁師の町「押上区」と農業の町「寺町区」が対抗する形でぶつかり合い、100人以上の若い衆の力と力が競り合います。

観客からは大きな歓声があがります。

けんかは約10回繰り返され、神輿はどんどん傷んでいくにも係わらず構わず激突する力と力のぶつかり合いは見る者を魅了します。

両区の女性、子供たちは大きな声を出して自分の区の男達を応援します。

そしてけんかの後は、合図で一斉に走り出す「御走り」です。両区の神輿が全力で境内を走ります。

寺町が勝てば豊作、押上が勝てば豊漁と言われています。

スケジュール

4月10日

  • 神輿移し:4時30分~
  • 禊:6時20分~
  • 神輿降臨祭:10時30分~
  • 神輿渡し・お練り:11時00分~
  • けんか神輿:11時30分~

4月10日・11日

舞楽奉納 13時00分~17時30分

糸魚川けんか祭りのおすすめポイント

両区が真剣にぶつかり合う神輿どうしのぶつかり合いは迫力があって思わず引き込まれずにはいられません。

そしてこのけんか祭りの後に行われる舞楽へと移ります。

国の重要無形民俗文化財の一つに指定されている舞楽が奉納されます。

天津神社の舞楽は、能生白山神社の舞楽と共に大阪市天王寺の舞楽を伝承しているといわれています。

天津神社の舞楽は10日、11日とも12曲が奉納され、11日は衣装が変わります。

賑やかなけんか祭りの後、境内の雰囲気はガラリと変化します。

その様子をぜひ、お楽しみください。

糸魚川けんか祭りの詳細

料金

無料

開催期間と日時

2018年4月10日(火)~2018年4月11日(水)

開催場所

糸魚川市一の宮1-3-34 / 天津神社

交通アクセス

公共交通機関:JR北陸新幹線「糸魚川駅」南口(アルプス口)より徒歩で5分

車:北陸自動車道「糸魚川IC」より車で8分

駐車場

臨時駐車場あり

*けんか祭り当日は大変混雑します。駐車場も数に限りがありますので、なるべく公共交通機関の利用がおすすめです。

まとめ

「糸魚川けんか祭り」では神輿どうしがぶつかり合う迫力ある「動」と伝統的な天津神社の舞楽「静」の両方を味わうことができるお祭りです。

ぜひ、この糸魚川けんか祭りで体験してみませんか。

-イベント, 祭り, 糸魚川市

Copyright© まるトク!にいがた!|新潟県のお得で役に立つ総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.