イベント 加茂市 祭り

長瀬神社春季祭礼(上条まつり)2018の日程・駐車場・アクセス方法まとめ

投稿日:

長瀬神社春季祭礼(上条まつり)は、毎年6月に開催されるおまつりです。

毎年多くの地元住民が参加して行われます。

そんな長瀬神社春季祭礼(上条まつり)の特徴やお得情報、開催地等の詳細をご紹介していきます。

長瀬神社春季祭礼(上条まつり)とは?

6世紀後半に創建されたと伝えられる長瀬神社は、加茂川の清流に臨んで鎮座し「八幡様(はちまんさま)」と呼ばれ地元で親しまれている神社です。

毎年春と秋に祭礼が行われ、春季祭礼は6月に開催されます。

お菓子屋さんの店先に、笹だんごの看板が立つころに開催されることから「だんご祭」とも呼ばれています。

長瀬神社春季祭礼(上条まつり)のおすすめポイント

2日間に渡って行われるおまつりでは、2日目の14時ころになると、全国的にも珍しい六角形の神輿が繰り出します。

この神輿は重さが、500kgとも 600kgとも言われています。

長瀬神社の周辺には、ほかにも自然を感じられるスポットがいくつかあります。

下條川ダム

自然環境教育とレクリエーション広場として利用できるダム緑地で、宿泊可能な自然学習館やキャンプ場、湿生植物園などがあります。

予約をすれば、ダムの見学をすることもできます。

加茂山公園

加茂山にある公園で、公園内には野外彫刻やリス園があります。

秋は紅葉がきれいな公園です。

リス園のシマリスは放し飼いにされていて、触ることができます。

長瀬神社春季祭礼(上条まつり)の詳細

参加料金

無料

開催期間と日時

2018年6月14日(木曜日)~2018年6月15日(金曜日)

※御神幸行列は、6月15日(金曜日)14時 長瀬神社を出立します。

開催場所

長瀬神社(加茂市八幡1-8-20)

交通アクセス

公共交通機関の場合:JR信越本線「加茂駅」よりバスで11分
車の場合:北陸自動車道「三条燕IC」より35分

駐車場

なし

まとめ

その土地には必ず神社があり、その数だけおまつりがあります。

そして、それぞれに特徴があり、独自の形があります。

それは、その土地の歴史であり、先祖代々受け継がれてきたものです。

上条まつりでは六角形の珍しい神輿が見られるということですが、なぜ六角形なのか、そこにどんな意味があるのか興味を惹かれます。

おまつりを眺め、地元の食にふれたり、少し足を伸ばして上条ダムなども散策してみてはいかがでしょうか。 お土産には、ぜひ名物の笹だんごをお買い求めください。

-イベント, 加茂市, 祭り

Copyright© まるトク!にいがた!|新潟県のお得で役に立つ総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.