イベント 新潟市 祭り 花火

【まとめ】新潟まつり花火大会2018の日程・有料観覧席・駐車場・アクセスなどの詳細

投稿日:

3日間にわたって繰り広げられる「新潟まつり」のフィナーレを飾る「新潟まつり花火大会」。

来年の「新潟港開港150周年」に向けて一層の盛り上がりを見せます!

鮮やかで見事な花火が新潟の夜空を彩ります。 そんな新潟まつり花火大会の特徴やお得情報、開催地等の詳細をご紹介していきます。

新潟まつり花火大会とは?

ここ数年の新潟まつりでは、2日目の夜と3日目の夜に花火大会が開催されていましたが、今年は3日目の8月12日(日)のみとなります。

その代わり打ち上げ時間は例年より25分ほど長く、内容も楽しみと見どころいっぱいのたっぷりしたものになる予定です。

素晴らしい花火の数々が「新潟まつり」のクライマックスを盛り上げます。

音楽に合わせて打ち上げられるBGM花火ショー、信濃川河畔に映えるナイアガラ大瀑布、スターマインの大輪など、素晴らしい花火が盛沢山!

あまりの美しさに一瞬たりとも目が離せません。

中でも、大型ワイドスターマインを一気に打ち上げる「エボリューション(進化)」は圧巻です!

新潟まつり花火大会のおすすめポイント

2018年の新潟まつり花火大会は、来年の新潟港開港150周年記念に先駆け、例年以上に盛大に開催されます。

通常はまつり2日目に行われる「まちなか音楽花火」も最終日の花火大会と合わせて実施されます。

明治の頃から子供たちの想いを乗せて打ち上げられてきた夢花火「エボリューション(進化)」が今年も新潟の夜空を鮮やかに彩ります。

新潟まつり花火大会は、信濃川の両岸から楽しめます。 信濃川の川面に映るさまがとっても華やかで素敵ですよ。

なお、昭和大橋上流のやすらぎ堤右岸には有料指定席が設けられます。

最上の席を確保してゆったりと眺めるのもいいですね。

新潟まつり花火大会の詳細

  • 打上数:10,000発
  • 例年の人出:55万人
  • 場所:昭和大橋上流のやすらぎ堤右岸
  • 時間:18:15開場、19:15~20:55打ち上げ

開催期間と日時

2018年8月12日(日) 19:15~20:55

*荒天の場合は中止となります。

開催場所

昭和大橋西詰上流/新潟市中央区信濃川河畔

交通アクセス

・JR「新潟駅」またはJR越後線「白山駅」より徒歩約15分

・北陸自動車道「新潟西IC」または磐越自動車道「新潟中央IC」より車で約15分

*打上場所周辺にて18:00から車両通行止・交通規制があります。

駐車場

市内有料駐車場をご利用下さい。

*かなり混みますので、朝に現地入りしておかないと確実に停めるのは難しいです。

お問い合わせ先

新潟市観光政策課

TEL:025-226-2608

まとめ

来年2019年は新潟港開港150周年。それに合わせて、今年の新潟まつりは人が集まりやすいお盆前に開催されることになりました。

地元の人はもちろん、帰省される人たち、観光客の方々も、皆で明るく楽しく賑やかにお祝いしたいですね。

打ち上げ花火と聞いて私がイメージするのは、ポーン ポーンと一つずつ打ち上げられては消えていく姿なのですが、新潟まつり花火大会では様々な趣向が凝らされていて、打ち上げ花火というよりは華麗なショーのよう!!

勢いとパワーがあって、鮮やかで美しい花火の数々。 ずっと引き継がれてきた「エボリューション(進化)」は必見です!!今年も進化を遂げていますよ☆

-イベント, 新潟市, 祭り, 花火

Copyright© まるトク!にいがた!|新潟県のお得で役に立つ総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.