イベント 三条市

桜の頃のオープン・ガーデン巡り2018の楽しみ方!日程・料金・駐車場まとめ

更新日:

新潟県三条市保内地区には、水琴窟や池と調和した庭、自然背景を借景にした庭など個性豊かで見事な庭園が多く見られます。

桜の頃のオープン・ガーデン巡りでは、地元の造園職人の方が見事な庭園を案内してくれます。

そんな桜の頃のオープン・ガーデン巡りの特徴やお得情報、開催地等の詳細をご紹介していきます。

桜の頃のオープン・ガーデン巡りとは?

園芸業者が多く集まり、「植木の里」とも呼ばれる新潟県三条市保内地区。

地域全体が大きな庭園のようで、季節ごとの庭園風景を楽しむことができます。

保内地区では、造園職人の自宅がたくさん集まっていることから、庭を自由に見学できる「保内オープンガーデン」が実施されています。

(*見学可能な庭には“オープンガーデン”の看板が掲げられています。)

「桜の頃のオープン・ガーデン巡り」は、桜が咲く時期に、保内地区の早春の景色を眺めながら、個人宅の素晴らしいお庭も拝見させていただけるツアーです。

桜の頃のオープン・ガーデン巡りのおすすめポイント

造園職人さんがどんなガイドをして下さるのか?どんな見事なお庭が見られるのか?は行ってみてのお楽しみ!乞うご期待です!!

発着場所の保内公園には熱帯植物園温室・日本庭園・各種見本園などがあります。 公園内の散策もぜひお楽しみ下さい。

熱帯植物園温室

総ガラス張りになっている熱帯植物園温室は、冬でも摂氏15℃に保たれています。

室内にはバナナ・パパイヤ・ハイビスカス・サボテン・コーヒーなど、様々な熱帯植物が130種類・1800本も育てられています。

南国ムード満点の熱帯植物園を満喫しましょう!

桜の頃のオープン・ガーデン巡りの詳細 内容と所要時間の違う2種類のコースが設定されています。

① 庭園の郷・健脚コース

保内公園から庭園の郷 保内まで、片道1.5Kmほどの行程をゆっくり歩いて、10数ヶ所のお庭を巡ります。

② 保内公園周辺・のんびりコース

保内公園周辺のお庭を10数ヶ所巡ります。 どちらのコースでも途中休憩をとって、お茶とスウィーツで寛いでいただきます。

料金

500円(ガイド料・お茶・おやつ込み)

開催期間と日時

2018年4月15日(日) 9:00~12:00

*緑の相談所にて8:30より受付
*雨天決行

定員

各コースとも20人 *要事前申し込み

申し込み・お問い合わせ

燕三条駅観光物産センター「燕三条Wing」
TEL:0256-34-7310

または

保内公園 緑の相談所
TEL:0256-38-5240

開催場所

集合場所:保内公園(新潟県三条市下保内3714)

交通アクセス

電車:JR信越本線「保内駅」より徒歩 約15分

車:北陸自動車道「三条燕IC」より車で約20分

駐車場

保内公園 第一・第二駐車場:普通車80台(無料)

まとめ

4月、ほんのりと優しく暖かい日差しがふりそそぎ、お散歩するには最適の気候です。

春を感じながらのお庭巡り、ワクワクしますねー。

素晴らしいお庭を見られるうえ、ガイド料にお茶とお菓子まで付いてたったの500円なんてお得過ぎます! 日本ならではの見事なお庭を堪能しましょう。

関連記事:若葉の頃のオープン・ガーデン巡り2018の日程・参加費&方法・駐車場などの詳細まとめ

-イベント, 三条市

Copyright© まるトク!にいがた!|新潟県のお得で役に立つ総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.