イベント 糸魚川市 花見

おうみ観桜会2018とは?日程・特徴・駐車場・アクセス方法まとめ

投稿日:

四季の景観やグルメ、温泉など自然の恵みに満ち、世界ジオパークの町としても有名な糸魚川市ですが、青海(おうみ)総合グランド周辺では美しい桜と残雪の黒姫山とのコントラストが織りなす景色が大変美しく、毎年大勢の人々が写真撮影や見学に訪れる人気のお花見スポットとなっています。

桜の開花期間中、夜は一部の桜がライトアップされ、昼間とは違った幻想的な桜を楽しむことができます。

そんなおうみ観桜会の特徴やお得情報、開催地等の詳細をご紹介していきます。

おうみ観桜会とは?

東京から北陸新幹線に乗り約2時間で行くことができる新潟県の西の玄関口、糸魚川市の「おうみ観桜会」は桜の開花時期に合わせて、おうみ観桜会実行委員会が中心となり開催する糸魚川市の春のイベントです。

この桜は実行委員会により提灯が下げられ、夜になると照明がつきます。

桜の花のライトアップや桜並木にボンボリが点灯し幻想的な雰囲気に様変わりします。

また期間中の土日はステージや夜店の出店もあり夜の桜を愛でながらイベントを楽しむことができます。

おうみ観桜会のおすすめポイント

JR北陸本線の陸橋を超えると目の前に約260本ものソメイヨシノの桜が広がり、その景観は大変素晴らしいです。

また青海総合グラウンド周辺は桜の花が満開になると、まるで桜のアーチ、桜のトンネルのようです。

青海小学校の子供たちはこのグラウンドをぐるっと囲む桜並木の通学路を通って学校に通います。

こんな素敵な桜の下を通って学校に行けるなんて、羨ましいですね。

おうみ観桜会の詳細

料金

無料

開催期間と日時

2018年4月上旬~4月中旬

*開花時期により変動あり&雨天決行

開催場所

新潟県糸魚川市青海672 / 青海総合グラウンド周辺

交通アクセス

公共交通機関:JR北陸本線・トキ鉄・日本海ひすいライン「青海駅」より徒歩で5分

車:北陸自動車道「糸魚川IC」より車で10分

駐車場

普通車:グラウンドには広い駐車場有り(無料)

まとめ

糸魚川市の屈指の桜の名所をご紹介させていただきましたがいかがですか。 2016年12月22日に起きた火災「糸魚川大火」では多くの糸魚川市民の方が被災し、現在、糸魚川市は「がんばろう糸魚川!」を合言葉に再建・復興を目指しています。

そんな糸魚川市の雪どけの山々が織りなす美しい春の季節に、ぜひ「おうみ観桜会」を訪れ、素晴らしい桜の花の風景に出会ってみませんか。

-イベント, 糸魚川市, 花見

Copyright© まるトク!にいがた!|新潟県のお得で役に立つ総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.