イベント 三条市

三条クラフトフェアin槻の森2018の日程・駐車場・アクセス方法などの詳細まとめ

投稿日:

新潟県三条市では全国から多くのクラフトマン達が集まり、木工品や陶芸品など手作りの作品を展示・販売する三条クラフトフェアが開催されています。

2017年に記念すべき10回目が開催された際には、約4万人もの人が訪れた人気のイベントです。

そんな三条クラフトフェアの2018年の特徴やお得情報、開催地等詳細をご紹介していきます。

三条クラフトフェアとは?

三条クラフトフェアは、三条パール金属スタジアムを中心とした運動公園の芝生広場で、毎年6月に開催されています。

手作りの「もの」の温かみを感じて、「ものづくり」で皆様を元気にしたいという思いが込められ、2017年には約180店もの出展があり全国からクラフトマンが集まりました。

数多く出展される作品

三条クラフトフェアに出店する作品は、とても多くジャンルが幅広いです。

陶芸・木工・漆器・鍛治や楽器などもあります。それぞれのジャンルでお気に入りの作品を探すことができます。

体験・実演コーナー

子供から大人まで楽しめる体験コーナーは、出展数と同じく様々なジャンルで体験ができます。

キャンドルや、キーホルダー・ストラップ・アクセサリーやスプーンなども手作り体験ができます。

緑あふれる会場

クラフトフェアの会場である運動公園は、槻(つき)の森といわれていますが「槻」は、けやきの古い呼び方です。

公園内はけやきの森になっていて、新緑のこの時期はまるでアーチのようです。

芝生広場の芝生もきれいな時期ですので、初夏の陽気に緑あふれる会場をゆっくりめぐることができます。

三条クラフトフェアのおすすめポイント

三条クラフトフェアのおすすめは、沢山のクラフトを手に取って手作りの作品を楽しめるだけでなく、地元の食材を使ったレストランの出店や野菜直売なども出店しているのでプラスに楽しめること。

広々とした会場で、様々なクラフトを楽しく見て回るだけでなくお腹も満たされる。来場者には嬉しい特典です。

三条クラフトフェアの詳細 毎年6月に槻の森運動公園内芝生広場で開催されます。

北は北海道から南は九州まで、クラフトマンが集まり作品の展示や販売をするイベントです。

土・日の2日間での開催で、2017年の出展数は約180店となり来場者数も年々増え、リピーターも多く訪れます。

体験・実演コーナーはそれぞれのブースで有料となりますが、大人から子供まで一緒になって参加し、手作りの良さを体感できます。

料金

無料

開催期間と日時

2018年6月16日(土) 2018年6月17日(日)

開催場所

三条市総合運動公園内 芝生広場(三条パール金属スタジアム隣り) 10:00〜16:30

住所:三条市月岡4-36-1

交通アクセス

車の場合:北陸自動車道「三条燕IC」より車で約30分

無料シャトルバス有り:三条市役所〜クラフトフェア会場間 約30分

駐車場

普通車:約100台(普通車)

︎※当日は混雑が予想されますので、シャトルバスでのご利用がおすすめです。

まとめ

三条クラフトフェアは、多くの方に手作りの温もりを感じてもらいたい、そして皆様を元気に!をモットーに開催されています。

また、槻の森はけやきの森ですので、見て回るだけで森林浴もできてしまいます。

森林浴は、ストレスを和らげ免疫力をアップする効果があり、目の疲れにも良いとか。

手作りのクラフトと合わせて、自然の温もりを十分に感じることができる 心と体に優しいこのイベントには、毎年訪れて行きたいものです。

-イベント, 三条市

Copyright© まるトク!にいがた!|新潟県のお得で役に立つ総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.