イベント 燕市 祭り

吉田天満宮祭礼2018の開催日程・特徴・駐車場などの詳細まとめ

投稿日:

吉田天満宮は、別名「出世天神」と呼ばれていて、祈願すると必ず立身出世・所願成就ができると崇められています。

祈願の記念にお祭りに出ている植木を買い求めて育てると、その木が成木する頃に祈願成就すると言われています。

毎年、5月24日から25日の吉田天満宮祭礼では植木屋が軒を並べます。

植木屋のほか、200件を超える露天が軒を連ねて多くの人出で賑わいます。

そんな吉田天満宮祭礼の特徴やお得情報、開催地等の詳細をご紹介していきます。

吉田天満宮祭礼とは?

燕市吉田地区の天神様は、古来、「出世天神」と称せられ、祈願すると必ず立身出世できるといわれています。

「吉田天満宮祭礼」では、祈願の記念としてお祭りに出ている植木を買い求めて植えておくと、その木が成木する頃に自分の願望も成就するという信仰があります。

このため、お祭りで植木を買い求める人が多く、植木屋も軒を並べるところから「吉田の植木祭」の別名がつきました。

天神様の祭主 今井家の祖は近江の国に発し、織田信長の浅井・朝倉攻めの際には浅井方に属していました。

浅井家滅亡の後、岩室天神山の小国氏を頼って、食客として二代余を過ごし、小国氏会津移封を機に吉田郷へ移り住みました。

今井家の当主は、永年、毎月 岩室天神山の天満宮にお参りする慣例になっていました。

約200年前、当主がお参りの帰途、児童が西川に流れてきた天神様の御像を拾い上げて遊んでいるのを目にしました。

当主はこの御像を譲り受け、今井家の守護神として屋敷内にお祭りするようになりました。

1846年、神様を同じ屋敷内にお祭りしておくのは畏れ多いという考えから、今の天神様のお屋敷に御移奉申し上げたのが今日の吉田天満宮です。

吉田天満宮祭礼のおすすめポイント

昔に比べて植木屋の出店は減ったものの、植木市は大勢の人で賑わいます。

祈願して植木を買うと、その木が成木するまでに願いが叶うそうです!

購入して持ち帰り、大事に愛情込めて育てましょう。

「吉田天満宮祭礼」は、毎年数多くの露天が出ることで知られています。 本町通りから学校町通りまで約1キロの間に200店以上もの露天がずらっと並びます。

新潟名物“ポッポ焼き”の屋台もありますよ。

境内では毎年恒例のカラオケ大会も行われる予定です。

飛び入り参加歓迎のようなので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?!

吉田天満宮祭礼の詳細

5月24日を宵宮に、25日は燕市吉田下町、吉田天満宮の大祭が行われます。

料金

無料

開催期間と日時

2018年5月24日(木曜日)~5月25日(金曜日)

開催場所

新潟県燕市吉田上町、中町、下町、吉田学校町

交通アクセス

電車:JR越後線「吉田駅」より徒歩約10分

車:関越自動車道「三条燕IC」より車で約20分

駐車場

普通車:30台

*「ビジョン吉田」「保健センター」が利用可能です。

お問い合わせ先

燕市商工振興課観光振興室
TEL:0256-92-1111
FAX:0256-77-8306

まとめ

200店以上も並ぶ露天はすごい!! せっかくなので端から端まで見て回りましょう!

最近はいろんな露天があるので、ゆっくり歩きながら見ていくのも楽しいですね。

お小遣いが限られている子供の頃、露天食べ歩きは夢でした。

今も昔もお祭りの雰囲気にウキウキするのは全く変わりません♪

子供の頃に願って止まなかった夢を、大人になった今、ぜひとも叶えたいと思います!

買った植木が成木になると願いが叶う。なんてロマンティックなんでしょう。

成就するように願いつつ、丹精込めて育てましょう!! お参りの際には日頃の感謝も忘れずに。

-イベント, 燕市, 祭り

Copyright© まるトク!にいがた!|新潟県のお得で役に立つ総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.